高耐震な注文住宅の建て方とは?

query_builder 2023/11/28 北九州 注文住宅 ハウスメーカー 工務店 耐震 断熱
地震や自然災害の脅威は私たちにとって重大な問題です。高耐震な住宅を建てるメリットは、命を守るだけでなく、財産を守ることも含まれます。高耐震性の基礎工事は特に重要で、地盤や地震の揺れに適した基礎を設置する必要があります。さらに、高耐震な構造材の選択も重要です。耐震性の高い木材や鉄骨などを使い、建物全体の強度を確保します。高耐震設計のポイントとしては、耐震補強や柱や梁の配置などがあります。最後に、高耐震住宅のメンテナンスも忘れてはなりません。定期的な点検や補修を行い、耐震性を維持することが重要です。高耐震な注文住宅の建て方には様々な要素がありますが、これらをしっかりと考慮し、安全な住まいを実現しましょう。

高耐震な住宅を建てるメリット

高耐震な住宅を建てると、安心して暮らすことができます。

地震が起きても家が倒壊することなく、家族の命を守ることができるのです。

また、倒壊の心配がないため、家財や家具の被害も減少します。

高耐震な住宅は、耐震性能を向上させるために様々な工夫が施されています。

特に、建物の骨組みや壁の材料には頑丈なものが使用されており、強力な地震にも耐えることができます。

また、高耐震な住宅は、長期的なメンテナンスの負担が少ないというメリットもあります。

耐震等級3で建築すれば、地震保険料も半額になります。


地震などの自然災害によるダメージが少ないため、建物全体の耐久性が高まります。

そのため、定期的な修理や補強工事の頻度が低くなり、経済的な利点があります。

高耐震な住宅の建て方には、専門の知識や技術が必要ですが、その分安心して暮らせるというメリットは大きいです。

特に、地震の多い地域に住む場合や、家族の安全を最優先する場合には、高耐震な住宅の建築を検討する価値があります。

以上が、高耐震な住宅を建てるメリットです。

高耐震性を考慮した基礎工事の重要性

高耐震な注文住宅を建てるためには、基礎工事の重要性は言うまでもありません。

地震が頻発する日本では、地震によって生じる揺れや地盤の沈下などにより家屋が損壊するリスクが高まります。

そのため、地震に強い住宅を建てるためには、しっかりとした基礎工事が欠かせません。

まず、地震による揺れに対する高い耐震性を実現するためには、地盤の状態に応じた適切な基礎工法を選択することが重要です。

地盤の状態は地域によって異なるため、それに合わせた基礎工事を行うことで、地震による揺れを効果的に吸収することができます。

また、基礎工事の際には地震時に家屋が地盤と一体化するようにするため、地震による揺れの影響を最小限に抑える役割も果たします。

さらに、地盤調査を行い、場合によっては適切な地盤改良工事も重要です。


どんなに強い住宅を建てても、地盤が弱ければ何の意味もありません。


地盤改良工事によって地盤の強度を向上させることで、地震時にも安定した状態を保つことができます。

以上のように、高耐震な注文住宅を建てるためには、基礎工事の重要性を十分に理解し、適切な工法や、場合によっては地盤改良工事を行うことが必要です。

高い耐震性を備えた住宅は地震時に安心して生活できるだけでなく、家族の命や財産を守る役割も果たします。

高耐震な構造材の選び方

高耐震な構造材を選ぶためには、いくつかのポイントがあります。


スーパーウォール工法はMDF面材を使用して、6面体を利用した、モノコック構造住宅です。


家全体を面で覆うことで、外力に対してとても強くなります。


6という数字は自然界にも多く存在し、ハチの巣などが有名です。


人間界では、旅客機などにこのモノコック構造が用いられています。


そのモノコック構造を住宅に応用しているわけです。


また内部には筋交いや火打ちを使用し、鉛直構面や水平構面に大きな働きをします。


そして、セイコー・トータル・ホームはでは、耐震だけでなく制震も取り入れています。


セイコー・トータル・ホームが用いている制震技術では、地震時の揺れを最大80パーセントも抑えることが出来ます。


地震時に揺れを抑えることが出来るため、家の損傷も抑えることが出来、2回目・3回目など何度も来る大きな揺れにも安心して挑むことが出来ます。


正しい工法や技術を選ぶことで、地震などの災害に強い注文住宅を建てることができます。

高耐震設計のポイント

高耐震な注文住宅を建てるためには、いくつかのポイントがあります。

まず、地震時の揺れに強い構造を持つことが大切です。具体的には、面材工法や制震技術など、強固な構造を作ることが重要です。

また、基礎の強化も欠かせません。地震の際に建物の重みをしっかり支えるため、十分な強度を持った基礎を作る必要があります。

さらに、壁や柱などの接合部分も強化することが必要です。接合部分が弱くなってしまうと、地震時に建物が崩壊するリスクが高まります。


また、場合によっては地盤改良も高耐震設計に欠かせません。地震発生時に地盤が沈下したり、液状化が起こったりしないよう、適切な地盤改良工事を行う必要があります。

建設前に地盤調査を行い、場合によっては適切な地盤改良が必要です。

さらに、揺れを吸収・分散するためには、免震装置や制震装置を導入することも有効です。これらの装置は、地震時に建物にかかる揺れを軽減するため、家屋の被害を最小限に抑えることができます。

以上が高耐震な注文住宅を建てるためのポイントです。これらをしっかりと考慮しながら、耐震性能の高い住まいを建てることが大切です。

高耐震住宅のメンテナンスについて

高耐震な注文住宅を建てたら、そのメンテナンスも忘れずに行うことが重要です。高耐震な住宅は地震に強いだけではなく、長期間にわたって安全かつ快適に住み続けるためにも、適切なメンテナンスが欠かせません。

まず、高耐震住宅のメンテナンスの一つとして、定期的な点検が必要です。建物の主要部分や耐震設備、基礎などを定期的に点検し、異常がないか確認することで、早期発見・修繕が可能となります。地震などの災害時には、安心して住まいに避難できるよう、日頃からの点検が重要です。

高耐震な注文住宅を長く安全に利用するためには、適切なメンテナンスが欠かせません。定期的な点検やメンテナンスを行うことで、地震などの災害時にも安心して住まいに避難できるだけでなく、住宅の耐震性を保ちながら快適に生活することができます。


セイコー・トータル・ホームは最高等級の耐震等級3を標準仕様にしています。

建築基準法通りの耐震基準で建てられた家が「耐震等級1」

建築基準法の1.25倍の強さで建築された家が「耐震等級2」

建築基準法の1.5倍の強さで建築された家が「耐震等級3」になります。


記憶に新しい熊本地震では、耐震等級1・耐震等級2で建築された家の倒壊が多数報告されていますが、耐震等級3の倒壊報告はありませんでした。


また経済的にも、耐震等級3で建てるメリットがあります。

地震に対する強さが認められているため、地震保険料も半額になります。


また、セイコー・トータル・ホームでは制震パネルを標準仕様にしています。

耐震だけでなく制震技術も取り入れることで、地震時の揺れを最大80パーセントも低減し、家の損傷を大きく抑えることが出来ます。


そして、風災に対しても最高等級の耐風等級2を標準仕様にしています。

地震はいつ来るかも分かりませんが、台風は毎年発生しています。


台風でなくとも、強雨の日は1年の中でも多々あります。


そんな強雨風に毎年さらされては、家の損傷も徐々に進んでいる可能性もあります。


その状態で地震が来ては、万全の状態で地震に挑むことが出来ません。


そのため耐風等級も最高等級を標準仕様にしています。



これらの理由によりセイコー・トータル・ホームでは、耐震等級3(最高等級)・耐風等級2(最高等級)に加え制震パネルを標準仕様としてるのです。





セイコー・トータル・ホームは、北九州をメインに高性能注文住宅を手掛ける地域密着型の工務店・ハウスメーカーです。


----------------------------------------------------------------------

株式会社セイコー・トータル・ホーム

住所:福岡県鞍手郡鞍手町古門1817-6

----------------------------------------------------------------------

NEW

CATEGORY

ARCHIVE

TAG